スポンサーリンク

インスリン注射を断っているが注射した方が良いのではないかと気になりだした!現在、内服薬でHbA1c 7.5!

画像糖尿病・医療・科学

HbA1cが最新の検査(10日前)で7.5!

主治医さんは今度の検査で7.5を改善できていなければ、糖尿病薬の量を増やすとおっしゃっている。

主治医さん曰く「膵臓を無理やり鞭打って、インスリンを絞り出すことになるので、膵臓が弱っていくよ。なので最近の治療はインスリン注射なんだよ」と。

次の診察で、マジでインスリン注射について聞いてみよう!!!!!

 

そこで、インスリン注射についてググってみました。

僕のように内服薬は飲んでいるけど、食事コントロールができていない人は、血糖値が常時高い状態にある。

で、この血糖値が高い状態が続くと、すい臓はインスリンを出そうと常に働き続け、その結果、インスリンの分泌が徐々に少なくなり、やがては分泌そのものがなくなってしまうという。

つまり主治医さんの言う膵臓を鞭打つ状態になって、膵臓がオーバーワークになってしまうんだな。

 

10日前の僕の血糖値は食前で何と158㎎/㎗!

1年半前まではHbA1cは6台で7.0以下をキープしていたのに、それ以後はずっと7台で最悪の7.5が2回もあった。

空腹時血糖値も次第に高くなってきている。

まあ、歳もだんだんとってきているので、加齢による膵臓の機能低下もあるんだろうけど。

HbA1cの悪化が継続すると体中の血管が傷んでゆき、特に毛細血管が集合している器官に障害が表れる。

したがって、すい臓の機能がまだ残っているうちに、より早くインスリン治療を始めてすい臓の負担を減らすことが最善というわけだ。

僕の「インスリンを注射すると膵臓の機能が衰え萎縮していく」というのは勝手な思い込みだったのかな😞

主治医さんによると、インスリン注射は1日、1回でいいらしい。

コメント