心臓が重苦しく首や背中が凝った感じだったのは心筋梗塞の軽いやつか?

以下の記事でちょっと勉強してみました。

狭心症・心筋梗塞の前兆と手術方法

まず、狭心症というのは文字通り胸部の絞扼(こうやく)感を意味します。
胸が締め付けられるようになる状態になることで、右の絵の通り左胸部に痛みを感じます。
ただ狭心症の場合ではその痛みの持続時間は短く、安静にすることで軽快します。(『Netter』より引用)

一方、急性心筋梗塞や急性冠症候群といわれているものは、狭心症よりも重篤で、通常胸の痛みが30分以上続くものです。
その痛みの特徴は胸の中央部から裏側に重圧感、圧迫感、絞扼感や痛みを生じ、時々左の腕の内側に放散する痛みがあります。
まれに首や顎にも放散する場合があるので注意を要します。

ニトログリセリンは狭心症の場合は効きますが、心筋梗塞になるとなかなか効果はありません。
この絵に痛みの放散する方向が載っていますが、このとおり一般に狭心症を起こさせる因子は過食、労作、寒さ、喫煙の4つと言われています。
この絵はまさしく冬の雪の降る日にレストランで食事をして、食後に一服のタバコを吸って外に出たところで発作が起こっていますが、このような状況は最も目にするものです。

狭心症・心筋梗塞の前兆と手術方法

狭心症・心筋梗塞になるリスク要因
検診で心電図異常を指摘されなくても、突然狭心症になる危険は十分にあります。
はっきり前兆というものは予見するのはむずかしいですが、胸の違和感や軽い痛み、または胸が締め付けられるような強い痛みが一度でもあった場合には、この病気を考えたほうが良いでしょう。
また場合によっては背中が痛くなったり、左の手が痛くなったりすることもあります。
胆石症と診断されたけれども実は狭心症だったということもあります。

狭心症は心臓を栄養している冠動脈が狭窄を起こして起きる病気ですが、突然死をきたします。
そのためにも冠動脈に狭窄がないことを確認することは大切です。これはがんや脳梗塞とは違うところです。
心臓病で死なないためにもぜひとも検査をすることをお勧めします。

また前兆とは言えませんが、狭心症や心筋梗塞になるリスク要因というのがあります。

高血圧
肥満(メタボリック症候群などといわれています)
糖尿病
高脂血症(コレステロールが高いなどです)
高尿酸血症(痛風などといわれたことがある方に当てはまります)
ストレス
タバコ(喫煙者です)
以上のうち3項目以上当てはまる方で、50歳以上の男性、並びに60歳以上の女性の場合には、冠動脈の病気を患っている可能性が高いと思いますので、検査をするのが良いと思います。

上記のリスク要因のうち、私に該当するのは、赤字の部分。

見た目、肥満ではないですが、内臓脂肪がたっぷりなので肥満にしときます。

高血圧
肥満(メタボリック症候群などといわれています)
糖尿病
高脂血症(コレステロールが高いなどです)
高尿酸血症(痛風などといわれたことがある方に当てはまります)
ストレス
タバコ(喫煙者です)

こりゃ、やっぱり、こないだの運動中のフラつきや首や背中が凝ってしんどかったのは、

心筋梗塞かな。

私、正真正銘の糖尿病だし。

ガックリorz

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク