食事療法の大切さ。十分わかっているんだけど食欲に負けてダイエットできない糖尿病の私

糖尿病治療の3本柱は

(1)食事療法

(2)運動療法

(3)薬物療法

この中で、大事なのは、やっぱり、食事療法ですよね。

1時間、ハードなトレーニングしてもその後、アイスクリーム食べたりご褒美にスィーツ

を食べたりしていると消費エネルギー以上のカロリーを摂取することになります。

コレ私の場合(;´д`)トホホ…

また、いくら薬を飲んでいても、その効能以上のカロリーを取り入れると、やっぱり血中

のブドウ糖がじゃぶじゃぶになってしまう。

こないだ、糖質制限ダイエットにトライしたら、すぐに痩せました。

これ、理にかなったダイエット。

でも、リバウンドがすぐに来て、わざわざ新米を炊いて、塩むすびを作ってお米を1.5合も

食べてしまったバカな私。orz

なぜか、山下清画伯が、おむすびは「塩にぎり」に限ると言ってたらしいってことを思い

出しんですよ。そうしたら、夜中にもう我慢ができなくなって。ああ、情けない。

ところで、ロカボダイエットを批判している記事が多いけど、炭水化物の絶対量を減らす

やり方はダイエットと言う意味では合理的です。

炭水化物を減らせば、体内の脂肪(内臓脂肪も)が消費されて、いいことずくめ。私なんか、血液検査がすごく良くなります。

前回書いたように豆腐とキャベツだけ食べてたらすぐに痩せました。お腹も凹みました

よ。

ただ、リバウンドが来やすいってことでしょう。私みたいに😅。

意志の強い人は、低炭水化物ダイエットで頑張ったらいいと思います。

ケーキだって、一緒食べないということではないんだから。

普段は、ロカボ(低炭水化物)で頑張ってダイエットして、給料日とか何かのときにはす

き焼きを食べるってことでいいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク