糖尿病患者の食事。糖尿病に効果的な食べ物は何?

こんにちは。

糖尿病の私、糖尿病患者の皆様は普段はどんな食事をされているのかな、なんて興味を持

っています。

お医者様の言うようなカロリー計算をした糖尿病食を自分で作っていらっしゃるのでしょ

うか。

それとも奥様が作ってるのかな。

あるいは、宅配業者さん、例えば「ワタミ」の糖尿病食を1日3食注文されているのでしょ

うか。でもこれって、庶民感覚で言うと経費がかかりすぎですよね。

毎日3食を買っている患者さんって、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

私の場合は、妻が食事を作ってくれているのですが、妻はカロリー計算は全くしていませ

ん。ただ、野菜など食品の種類はなるべく増やすようにはしているようです。(ただし、

限られた予算の範囲内で)

あとは、私が炭水化物を食べすぎないようにするだけなんですが、それが難しいんです

ね。

昨日の食事

【朝食】

質素な食事ですが、糖尿病にはそれがいいです。

オムレツ

根菜のコンソメスープ

キャベツ

トースト1枚

画像

【昼食】

まるごとバナナ(昼食は基本、抜きにしているのですが、それを言い訳に甘いものを食べてしまいます)

【夕食】

カレーライス

ゆで卵とかぼちゃのサラダ

キャベツのサラダ

夕食

昨日の運動

スクワット60回

腕立て伏せ30回

縄跳び200回

ダッシュ(気持ちだけ)150mを3本

昨日の体重

67kg(身長172cm)

今朝の体重は66.5kgに減っていました。

お医者様からは体重をもっと減らせと指導されているので、当面、65kg以下にするのが目

標です。

適正体重の算出式は

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 22

私の標準体重は、1.72✕1.72✕22=65.1kgですが、62kg程度に減らしたいですね。

糖尿病の場合、内臓脂肪がインシュリンの働きを悪くしますので、65kgよりもっと、下が

いいのではないかと。

さて、今日の食事を腹七分目くらいにしたら、さらに減量していくはずですが、体重が減

った日は安心してつい食べすぎてしまいます。

それに今日は、おひな祭りですので、母がちらし寿司を作ってくれました。つい、食べす

ぎてしまうんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

糖尿病に効く野菜・海藻と桑の葉

糖尿病は生活習慣病です。

糖尿病が生活習慣に起因するなら、糖尿病を防ぐ食べ物を習慣的に摂取するようにすれ

ば、糖尿病にはならないし、糖尿病を進行させずに済むということになります。

では、何を食べたらいいのかというと結局、野菜や海藻ということになります。

野菜でも、イモ類やかぼちゃは炭水化物が多いので、カロリー的にはコメの仲間です。(イモって野菜に分類するんだっけ?)

とりあえず、野菜、海藻を多めにとれば、それでお腹は膨れるので、炭水化物を食べる量

が減ります。

桑の葉茶が糖尿病に効く

桑の葉茶を飲んでます。

効能を読んでみると桑の葉には、1-デオキシノジリマイシン(DNJ)という物質が含

まれていて、これが血糖値を下げるらしいです。

桑の葉の1-デオキシノジリマイシン(DNJ)が糖尿病に効く理由

ごはんやパンや麺類などの多糖類は、消化管で最終的には小腸上皮にあるαグルコシダーゼ

と呼ばれる酵素によってブドウ糖(単糖類)に分解されます。

ご飯の成分のデンプンは、高分子(分子が大きい)なので、小腸上皮を通り抜け出来ませ

んので、消化酵素によってもっと小さな分子のブドウ糖(C6H12O6)にまで分解するとい

うわけ。

それで、ご飯を食べた後はブドウ糖が小腸から毛細血管にまで吸収され、血液中に入って

行くので血糖値が上がります。

ですので、このαグルコシダーゼという酵素の働きを抑制すれば、デンプンが分解されてブ

ドウ糖になる量を減らすことができます。

そこで、このαグルコシダーゼの働きを抑えるものをαGIと呼び、αGIが桑の葉に多く

含まれているというのです。

桑の葉がどのようにして、ブドウ糖の吸収を抑制するのかというと、桑の葉に含まれてい

る1-デオキシノジリマイシン(DNJ)の分子構造がブドウ糖の分子構造とよく似ている

ため、αグルコシダーゼの一部がDNJと結合してしまいます。

結果、ブドウ糖と結合するαグルコシダーゼの量を減らすことができ、血液中に吸収される

ブドウ糖を減ることになります。

そこで、この1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は、桑に特徴的な物質で身近な植物で

は桑にしか含まれていないということなんですね。

この1-デオキシノジリマイシン(DNJ)の働きは、合理的な説明だと思いますので、桑

の葉茶を飲むのは糖尿病に効果あり、です。

でも桑の葉って、やっぱり、青臭いんですよね。

それで、私の飲んでいるのは、「桑の葉茶」というもので、玄米茶風の味がついていて、

かなり飲みやすくなっています。

私の場合はこれに、リンゴ酢を入れて飲みます。

まずいけど、これを日課にしていたときは、HbA1cの数値が確かに下がっていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする