スポンサーリンク

糖尿病患者HbA1c 8.2の食事と摂取カロリー、合併症の危険性は?

糖尿病の私が、1日に摂取してよいカロリーはどれくらいなんでしょうか。

そして、HbA1cが8.2の私が、今後、合併症を発症するのはいつなんでしょうか。

糖尿病患者の私がいまさらこんなことを言うのは、遅すぎ!の感があるのですが、実際、

私は糖尿病のカロリー制限食というのは、全く食べていないんですね。

食べたいものは何でも食べる。

クリスマスイブには、デコレーションケーキを食べ、翌25日には、子供がゴディバ

(GODIVA)のチョコレートとクッキーを持ってきてくれたので、コーヒーを入れて食べ

ました。

ただ、食べる量は私なりに我慢しています。

でも、妻や子供は「お父さんは、食べ過ぎ」といつも言うんですね。

そんなわけで、毎日、食事量は気になっているのですが、具体的なカロリー計算など全く

していないし、料理を作ってくれる妻も計算はしていません。(カロリーのこと気にならないのかな?)

ただ、栄養バランスが崩れないことと、野菜サラダは必ず用意するようにはしてくれてい

るので、料理の品数は多めです。質素な食事ですけど。

私は「一汁一菜でいいよ」と言っているんですけど。

今日の食事

【朝食】

画像:朝食

朝食は「ご飯抜き」を基本にしているのですが、最近は食べることが多くなってしまいました。炊きたてのご飯は美味しい!

【昼食】

昼食は抜きにすることにしてますが、今日はちゃんとした野菜を食べました。

【夕食】

みそ汁

胡瓜の酢の物

玉子と豆腐を煮たもの

ご飯

柿3個

【間食】

バタピー

足を切断しなければならなかった人のHbA1cと血糖値

足を切断しなければならないと宣告されたときのある患者さんの血糖値とHbA1c

血糖値が「620」

HbA1cが「13・8」

私の場合は

空腹時の血糖値が、150前後

現在のHbA1cは8.2

合併症が出るまで、あと、どれくらいの猶予があるのだろうか。

検査結果が出て診察室へ入って、最初の一言が
「今日は、お一人で来られたのですか?家族の方は?」
ある程度悪い結果は予想しておりましたが、これ程悪いとは思っていませんでした。

「残念ですが、左足は早急に切断しないと命が危ないです」

その言葉を聞いた次の瞬間、一体今何が起こったのかとても理解出来ませんでした。
しばらく言葉が出ませんでした。
その時の血糖値が「620」でHbA1cが、13・8もありました。

次に、糖尿病性の網膜症と腎症になり、35歳で人工透析に至った患者さんのHbA1cと血糖値

現在の血糖値、HbAlcなどの数値はどんな状況なのか

現在の血糖値は、朝食前の空腹時血糖値は150mg/dL前後です。空腹時血糖値126mg/dL以上が糖尿病ですので、その基準を軽く超えています。朝食後30分では、200mg/dL前後くらいまで上がります。当然、インスリン注射を使用しての状態です。食後2時間の血糖値が200mg/dl以上である場合には糖尿病の疑いが出てきますが、私の場合、インスリン注射を使用しても200mg/dL前後と相当高めです。
HbA1cの数値は、現在9.5です。糖尿病の基準がHbA1c 6.5以上ですので、その最低基準をかなりオーバーしています。
(中略)
ある時、激しい胸の痛みとやたら喉が渇きに襲われ、病院に検査に行ったら、重度の糖尿病と診断されそのまま入院になりました。その糖尿病と診断されたときの状態は、身長190㎝・体重120㎏あり、HbA1cの値は覚えていませんが、血糖値は557mg/dLありました。

(後略)

上記の体験談を見ると、私の場合、あと少しはゆとりがあるのかなという感じ。

何とか食生活を立て直さないといかんなという気持ちになっていますが、年越し蕎麦は腹

いっぱい食べたーい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク