スポンサーリンク

合併症を防ぎたい糖尿病患者の摂取カロリー!年末年始で2.5kgの体重増。

年末年始の4日間で、2.5kgもの体重増となってしまいました。

年末にクレアチニンのデータをもとに、糖尿病の合併症(足切断・人工透析・失明等)の

危険性を調べたら、合併症に至る道のりの半分以上を進んでいることが分かったのに。

体重を減らすのも食欲を抑えるのも、本当に大変。

元日は「おせち」を腹いっぱい食べ、昨日は「すき焼き」を腹いっぱい食べ、今日は、握

りずしとぜんざいを食べ過ぎて、和菓子・焼き菓子・ケーキは3が日ずっと食べていまし

た。

手作りのおせち…色合い・トッピングはプロに及びませんが、味は最高でした。

画像:おせち

一方、運動は皆無。

これでは、太って当たり前。

正月だからという理由付けをして、食べてしまうんですね。

明日4日からは、本当に食事をコントロールしないと、人工透析も現実のものになってしま

います。

では、糖尿病の私は、1日どれだけの食事をとることができるのでしょうか。

身長170センチで事務職の人の場合。(糖尿病ネットワークより)
(1) まず標準体重を出す。
身長 1.7×身長 1.7×22=標準体重 63.5kg

(2) 必要なエネルギー量(指示エネルギー量)を出す。
標準体重×作業強度=指示エネルギー量

作業強度の目安は、成人では 25~30kcal〈キロカロリー〉(肥満の人と高齢者の場合は25kcal。やせている人と若い人の場合は 30kcal を目安とする)。

63.5×25=1587kcal。100 以下を四捨五入すると、1600kcal が適正な指示エネルギー量となる。

私の身長は170cm超でシルバー世代。
よって上記の1600kcalより、ちょい上の1700kcalと見積もりました。

この4日間ほどは、完全に2倍以上のカロリーを取っていました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク